キャラクターデザイナー土林誠の日々の事 ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の伝統芸能 文楽と出会い

<<   作成日時 : 2011/09/14 01:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0



土林です
今日は国立劇場に文楽を観に行ってきました。

画像



今から56年前に
国の重要無形文化財に団体指定された。

今は国立劇場45周年記念公演をしているよ
画像


画像




文楽とは

江戸時代に大坂で生まれた人形芝居で、

太夫三味線が浄瑠璃を義太夫節という音曲で語り、
人形遣い(にんぎょうつかい)が3人で遣う三位一体となった音楽劇。



ウイキペデイアにも
わかりやすく書いてあったよ

文楽とは


太夫
三味線
人形遣い(にんぎょうつかい)

各パートに人間国宝がいる。



人形遣い(にんぎょうつかい)は
3人で人形に表情をつけて演技する

主遣い(おもづかい)が頭部と右手、(一生)

左遣いが左手、(15年)

足遣いが脚を操作する)(10年)


ちなみに青()内は、それぞれのパートの修行期間。


主遣い(おもづかい)は、顔を出しているが、
それ以外の2人は黒子さんです。



内容は本当に素晴らしかった。
まるで生きているかのような
人形の踊りと動作や表情に感嘆した。

今日の演目は

太夫、三味線、人形方

それぞれ人間国宝を含むベテランの方が沢山いらした。



僕は、朝から出かけたのですが

不思議なシステムで、
2幕終わると25分の休憩があり
開演前にお弁当を注文しておく。

注文したお弁当を食堂で25分間で食べる!
画像


まわりをみたらすごいスピードで
食べていて

僕も急げー 急げー

お寿司3この25分食べきりサイズ
おべんとうでしたよ。





僕が文楽に興味を持ったのは
だいぶ昔の事でしたが

仕事を通して出会った
造型師のサイトウヒール氏の紹介で、
人形の頭(かしら)を作っているM氏の楽屋によせてもらった。


国立劇場の楽屋は迷路のようですが
とても整っていて、役者さんの楽屋には
名前の入った暖簾があり、

三味線方の楽屋からは
バチをふるう音が聞こえてきた

食堂も案内図にあったような!



僕は
実際に文楽人形を持たせて頂いた。
画像


この人形は約5キロだそうですが
衣装によってはもっと重たいらしい!


楽屋前にならんだ文楽人形達
腰元などずらっとならぶと迫力大
画像


こちらは、今回の演目で遣(つか)われた人形
画像


人形のバランスは、
頭部は小さく握りこぶし位ですが

実際に近くで拝見すると
かなり強い存在感があります。


こちらは、悪役。
悪役は、肌の色をこのように濃く塗るらしい。
画像




こちらは、人形遣い(づかい)の方が履く
履物の下駄
画像


画像

驚きの高さの下駄で
高さがおのおの違っているのは、
人形の身長に合わせて履物を変えているそう。


M氏作業場
画像



M氏は、公演中で何かあった場合に備え、
楽屋で待機しています


例えば、

幕の間で5分人形が舞台そでへ戻った時
糸が切れたのをなおしたり



刀で斬った時に、頭(かしら)がかけてしまった場合
明日までになおしたり!





頭(かしら)は、木製で、胡粉と兎膠(にかわ)で
色をつけているらしい。日本画の技法ですね



文楽人形を作る道具
画像




こちらは、斬られ役の頭
画像



斬られるとこのように!
遊び心があり面白い演出
画像



沢山の、伝統的な手法や、
作り中の貴重な資料をみせていただきました。



キャラクターをデザインする時に
文楽は、気になっていたので本当に観れてよかった。

日本の伝統的な無形文化財について
僕はまだ知識が浅い




今回の経験はとても大きかったんでまた僕の仕事に
なんらかのよい影響がでればうれしい

ずっとさきかもしれないけど。
それでも少しそう思っている。


追伸
実は日曜日もまた違う演目に行くんですよ!笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス
かわいい
日本の伝統芸能 文楽と出会い キャラクターデザイナー土林誠の日々の事 ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる