13人の刺客ASSASSINS13PROJECTキャラクター小話 第2話 島田新六郎



土林です。

13人の刺客のキャラの事を話すシリーズ

今日は島田新六郎の回ですよ。



島田新六郎(しまだしんろくろう)24歳

画像




新六郎は、島田新左衛門の甥っ子にあたり
血がつながっている。


現代とは違い、昔やから血縁関係はとても親密で


僕としては、

新左衛門が、ほっとけない可愛がっている甥っ子や
という存在のつもりで描いた。



映画としてはとてもキーになる人物やったし、


僕が試写会を東宝さんに観せて頂いた時も、
山田孝之さんの演ずる新六郎はとても魅力的やった。


もっと語りたいけど、それは公開してみんな観てほしい!




そんな中で、

役者さんの容姿だけに引きずられずに、


刺客としての新六郎を
僕として描くのは、結構悩んだ。




(本来ならば年齢的にも
僕が比較的得意とする年齢層の設定やけど。)



あっこれでいきたいと思った瞬間は、


髪型が出来た時

新六郎は、これやという風に僕の中で決まった。


少し斜に構えたような24歳を描きたかった。




僕のラフをタツノコプロさんに渡した時に、
タツノコプロさんらしい仕上がりになってきたけど



実は、

一瞬見た瞬間「違う」と思った。


(シルエットが僕の出したいキャラと違った)



身体全体を、真っ向から描き直してもらった。



僕も一応プロやけど

相手も腕も相当あり、プロや。




上手い下手でいったら別にこのテイクでもOKやと思う。


どう考えても上手い。タツノコクオリティだ




それでも、ぱっと見てのイメージやシルエットが
違っていれば 僕がデザインした意味がないので



時間のない中、すべて描き直してもらった。


かなり赤裸々に書いてるけど
こういうとこ、とても大事なことで


技術もだいじ
そのために注ぐこころもだいじ



島田新左衛門と島田新六郎ラフ
画像



みんなに知ってもらいたいと思って書いた。


というところの話。



僕は、そんな風に苦労した
新六郎を好きになった。

そして感謝してるよ

この記事へのコメント