キャラクターデザイナー土林誠の日々の事 ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 13人の刺客ASSASSINS13PROJECTキャラクター小話 第1話 島田新左衛門

<<   作成日時 : 2010/09/10 10:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0



土林です。
映画の公開まで、僕が描いた13人の刺客について

一人づつ
どういうイメージを持ってやっていったか
話してみようかと思いますよ。


島田新左衛門(しまだしんざえもん)44歳
画像


刺客たちをみごとにまとめあげる責任感の強いリーダー


キャラクターを制作する時に一番難しいのは主人公。

主人公って、ずっと観るものやから、

僕としては、奇抜なだけやったり、
細かいパーツばかりが特徴になる感じに絶対にしない。


ずっと毎日観ていても、
すっと心に入ってくる(僕が描いていても)とこまで
何度も色々描いてみる。




それを何十回も繰り返していると、ある時ふと変な親近感が、
描いているキャラにできる。 



なんだか、突然に 「あっ これやって
何回も描いているとなるトコロがあって

(心が僕とキャラと通ったような)

そうやっていつも出来てきている気がする。


島田新左衛門もそうやって出来てきたうちの一人。

決して強すぎるわけではない。
けれどもあとちょっとのところで、必ず勝つ。
そこで折れないんだ。



僕は、島田新左衛門にそんな事をおもった。






今回、13人という多人数の刺客のデザインキーとして
僕が考えたのは『マントと青という色』


人を殺す刺客という血の赤とは相対する青をキーカラーとして
各キャラに入れたかった。


刺客やから「血なまぐさいし人殺し」をするんやけど、


凛とした筋が一本通った考えでみんなが心ひとつにして

明石藩 藩主松平斉韶(まつだいらなりつぐ)に立ち向かっていくって

いう映画の内容から、僕は青を選んだ


画像




青は人間がみたときに、空の色で、海の色で、水の色。


物質として抵抗感のないものに使われやすい色。


そして凛としていて、清々しい色。


男に生まれて、何か色を選択する時に、


必ず一度は、青は選んだ色か。



海のように深く、空のように遠く、水のように透明に近くてもいい
青は、一度は誰もが選んだ色。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
13人の刺客ASSASSINS13PROJECTキャラクター小話 第1話 島田新左衛門 キャラクターデザイナー土林誠の日々の事 ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる